バックエンドとはなんぞや?バックエンドが詐欺というわけではない!本来の意味を紹介するでござる

マーケティングにおいては、購入者を選別しやすい(売りやすい)商品をフロントエンドと呼び、フロントエンドを購入した顧客にさらに販売する商品をバックエンドと呼ぶ。
出典 : フロントエンド – Wikipedia

フロントエンドとバックエンドはコンピューターや工学などで使われる言葉でもあるのだが、ここではビジネスについて使われている言葉の意味を紹介するでござる。

バックエンド=詐欺というようなイメージがついてしまっているでござるが、実はそのような事に使う為の言葉ではなかったのでござる。

先ずは、買ってくれるお客さんを特定できそうな商品をフロントエンドと言って、そのフロントエンドを実際に購入したお客さんに、そちらを購入しているならこちらはどうですか?という商品をバックエンドと言うでござる。

例えば、靴を購入したお客さんに対して、靴べらを紹介するのは悪い事でもないし、お客さんも納得してくれたら購入してくれる方だっているはずでござる。

ただ、情報商材などの場合はフロントエンドは無料で必ず儲かる方法を教えるなどと言っておいて、あとになって高額な授業料だったりシステム維持費を請求するという事例が多くあり、バックエンド=詐欺というイメージがついてしまっているでござる。